太陽光投資の保険と役割について

太陽光投資のリスクコントロールは必要

太陽光投資のリスクコントロールは必要
太陽光投資にはどうしてもリスクが伴いますが、限りなくゼロに近づける対策はあります。
特に注意しなければならないのは、太陽光発電が不測の事態で、何らかのダメージを受けるリスクです。
産業用太陽光投資のような発電した電力はすべて売電収入になりますが、規模が大きくなるとトラブルに被るダメージが大きくなります。
もしものことを想定して、保険への加入を検討する必要があります。
太陽光発電の設備については、別にメーカー保証がついています。
さらに設置を委託した施工業者によっては、業者独自の補償をつけている場合もあります。
補償内容や期間はメーカーによって異なりますが、短くても10年程度、長ければ25年保証しているメーカーもあります。
電力買取は最大20年間ですから、設備に関する補償はあまり考える必要はないでしょう。
しかしこのほかにも、気候リスクや人的リスクなどさまざまなアクシデントが想定できます。
これから太陽光投資をする場合、大規模であればあるほどリスクマネージメントとして補償内容の手厚い保険が必要でしょう。

太陽光投資に必要な保険の役割

太陽光投資に必要な保険の役割
太陽光投資をする場合、リスクマネージメントとして火災保険への加入が一般的です。
火災保険といわれると、その役割は火事の時の補償しかないと思っている人も多いかもしれません。
しかし火災保険は不動産の総合保険ともいわれていて、火災のほかにも落雷・台風・降雪・落下物・飛来物など様々な損害に対して保障する役割があります。
火災保険のカバーできる役割を考えると、かなりの部分のリスクに対応できるでしょう。
補償内容のうち、足りない役割を補うため動産保険があります。
太陽光発電のような設備システムなど、火災保険よりも広範囲のリスクに対する補償内容があるのが特徴です。
ガス・電気漏電による爆発、いたずらをされた、運送・組み立て中の事故で破損が認められた場合にお金が出るような補償内容なので検討しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.