太陽光投資における出力抑制のリスクとは

太陽光投資には出力抑制がある

太陽光投資には出力抑制がある
収益化のために太陽光投資をするにあたって覚えておかないといけないのは、出力抑制のリスクです。
出力抑制とは、電力会社が電力の買取を一時的にストップするリスクです。
売電収益が上がらなくなるので、太陽光投資のリスク要因になります。
出力抑制をする必要があるのか、疑問に感じる人もいるでしょう。
出力抑制は、太陽光投資家の収益削減に対する嫌がらせではなく、電力の需給バランスが崩れそうなときに、電力供給の安定化のために必要な措置として行います。
エアコンを使う機会が減少するため、夏と冬と比較して、春と秋は電力があまり使われません。
この時に太陽光発電で電力を電力会社に持ち込まれても、処理しきれなくなります。
電力の需給バランスを保つために、一時的にパワーコンディショナーから電力会社の電力系統に流れないように抑制することがあります。
出力抑制には順番があり、需給バランスが崩れそうな際の抑制のかかる順番は、優先順に再生可能エネルギーの出力制御の改正措置から始まって、長周期広域周波数などさまざまな措置を行って、太陽光発電設備が対象となります。

出力抑制の影響はどの程度になるか

出力抑制の影響はどの程度になるか
出力抑制によるデメリットの中で、売電による収益がストップしてしまうことが挙げられます。
ただし、太陽光発電の出力抑制が行われるのは遅いです。
発電力系統システムが、需要をはるかに超える発電をしない限り、抑制のかかることはまず考えられません。
過剰な電力供給が年に何度も起こることはないでしょう。
2016年の事例でみてみると、種子島と壱岐で1回起こったのみでした。
この場合、離島であるなどの特殊な事情も絡んでいますのでめったに起きないといえます。
しかしそれでも収益が減るリスクが心配というのであれば、出力抑制保険があります。
自然災害で太陽光投資に何らかの損害を受けた場合に保険金が出ます。
その場合保険に入って、リスクマネジメントができていると融資が受けやすくなるメリットも期待できます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.