太陽光投資における今後のシュミレーションのポイント

長期的なシミュレーションが必要

長期的なシミュレーションが必要
太陽光投資をする前に、どの程度のコストがかかり、収益はどのくらい出て、結局自分はどれだけ得するかを検討する必要があります。
太陽光投資をする前には収支のシミュレーションをしておきましょう。
太陽光投資のシミュレーションですが、複雑な計算工程が必要になるため、素人が行うのは難しいです。
太陽光投資をする場合、20年間売電をし続けることになります。
そのため、20年間の収支をシミュレーションする必要があります。
太陽光投資のシミュレーションを希望するのであれば、シミュレーターを利用するのがいいでしょう。

影響を与える要素は日射量・自然災害・金利

影響を与える要素は日射量・自然災害・金利
太陽光投資の運用結果のシミュレーションをする際に、大きく影響する要素があります。
日射量・自然災害・金利の要素をどのように想定するかで、シミュレーション結果も大きく変わります。
太陽光発電は太陽光を浴びることで発電しますから、日射量は大変重要な要素です。
NEDOでは日射量データベースを用意して、一般閲覧できるようになっているのでこちらをチェックしましょう。
自然災害によっては、太陽光パネルが深刻なダメージを受ける可能性も十分想定できます。
自然災害そのものは防ぎようがないですが、いち早く損傷に気づき対策すればダメージも最小限に抑制できます。
遠隔監視システムなどを導入して対策する、システム導入した場合のコストもシミュレーションの中に含めましょう。
太陽光投資をする場合、何千万円という額がかかります。
自己資金だけで賄える人は限られるため、銀行からの融資を受ける形になる事が多いでしょう。
この場合、金利がどの程度かかるかもシミュレーションを大きく左右します。
1000万円を金利1%と2%で借り入れた場合、利息総額が80万円以上かかります。
できるだけ低金利に抑えて資金融資を受けることも、効率的な運用をするために必要なポイントです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.