人気の投資である太陽光発電の維持費

太陽光投資に切っても切り離せないメンテナンス費用

太陽光投資に切っても切り離せないメンテナンス費用
これから太陽光投資をする場合、忘れてはならないのが維持費、特にメンテナンス費用です。
2017年4月1日からFIT法が改正されて、太陽光発電のオーナーはメンテナンスが義務付けられます。
適切なメンテナンスが行われないと、認定取り消し・運転停止の命令が出る恐れもあります。
そのため、太陽光投資をする際には管理やメンテナンスは必要です。
太陽光パネルは時間が経過すれば汚れる可能性があり、野立ての場合、草木が周りに生い茂って太陽光がパネルにあたるのを邪魔する恐れがあります。
定期的にパネルの清掃や草木の選定などを行わないと、維持費がかさみ思っているよりも利益が出なくなる恐れがあります。
そのほかに太陽光投資のメンテナンス費用として、部品の交換コストも想定しなければなりません。
太陽光パネルは一般的に20年以上寿命があるので、まず交換の必要はありません。
またほとんどのメーカーで保証がついているので、故障・交換・修理が必要になっても無償で行ってもらえます。

太陽光投資にかかる保険・管理コストの相場

太陽光投資にかかる保険・管理コストの相場
太陽光発電システムのなかには、販売会社などがメンテナンスや維持管理を行なう場合があるため、メンテナンス費用などの維持費が初期費用に含まれるかどうか確認しておく必要があります。
太陽光投資をする場合、メンテナンス費用のほかにも管理費用、万が一の場合の保険料などの維持費がかかります。
保険料は火災保険や動産保険などが主ですが、リスク管理のために必要です。
この維持費の相場ですが、経済産業省の調達価格等算定委員会がデータを公開しており、10kW以上の太陽光発電システムを対象として、平成28年度の運手に自費の年間平均は1kW当たり6000円となっています。
このデータに基づくと50kWの太陽光発電を導入した場合、メンテナンスコストとして年間30万円前後かかります。
さまざまな維持費・管理費が毎年発生することを想定して、利益が十分出るかどうか検証しましょう。
少しでも費用を安くするための対策もありますので、導入を検討することです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.