土地付き太陽光投資と再生可能エネルギー発電ファンドの違いについて

投資資金で比較する

投資資金で比較する
太陽光投資のほかに近年注目を集めているのが、再生可能エネルギーファンドを使った運用です。
太陽光投資と再生可能エネルギーファンド、これから運用しようと思っている人はどちらがいいのか迷っている人もいるでしょう。
どちらとも自己資金ですべて賄うのが基本ですが、土地付き太陽光投資は自己資金がない場合でも、融資の審査が通れば投資が可能です。
一方、再生可能エネルギーファンドの場合、自己資金で行うのが前提であり、金融商品である以上、金融商品取引法に基づいた運用になるため自己資金があっても投資できないなど足かせのつく恐れがあります。
ただし太陽光投資の場合、金額によって対応できる物件が限られます。
再生可能エネルギーファンドの場合、1口10万円など少額でも運用できます。
少額であれば再生可能エネルギー、まとまった金額を用意できれば太陽光発電で運用するといいでしょう。

管理で比較してみる

管理で比較してみる
両者を管理で比較する場合、再生可能エネルギーファンドのほうが負担は少ないです。
ファンドの方で発電状況の管理を行っているので、投資家が管理する必要はないです。
しかし太陽光投資の場合、発電の管理は自分で行わないといけません。
パネルの清掃や周辺の草刈り、損傷がないかの点検も行います。
太陽光発電のメンテナンスは法律でも義務化されているため、十分に行わないと運転停止などの措置の取られる可能性があります。
メンテナンスを適切に行わないと発電量が低下してしまい、想定された売電収益が見込めなくなります。
自分で行う時間がなければ、業者に委託する方法がありますが、委託料が発生して、その分収益もダウンしてしまいます。
一方再生可能エネルギーファンドの場合、金融商品を売買する契約を交わすため、持ち分を譲渡・解約には一定の制約があります。
どちらを選択したほうが効率的に利益を稼げるかを想定して、最終的な投資先を決めるようにしましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.