太陽光投資における中古物件のメリット・デメリット

太陽光投資における中古物件のメリット・デメリット

太陽光投資における中古物件のメリット・デメリット
太陽光投資をする場合、自分で太陽光発電システムを設置する方法もあれば、すでにある太陽光発電設備に対して投資する手法もあります。
中古物件に太陽光投資するメリットとして大きいのは、過去に売電実績のある点です。
太陽光投資をする場合、どの程度の収益が見込めるかは重要なポイントです。
新規の場合、あくまでも想定なので思っているような利益の上がらない恐れがあります。
中古物件の場合、すでに過去の発電実績が出ているため、どの程度の売電収入が見込めるか、ある程度計算できます。
中古物件に太陽光投資をした場合、現物の確認ができるのも大きい点です。
すでにあるものを使って運用しますので、すぐに収益化できるのもメリットといえます。

中古物件の太陽光投資のデメリット

中古物件の太陽光投資のデメリット
一方、太陽光投資はデメリットもあります。
中古物件に太陽光投資をする場合のデメリットとして、まずソーラーパネルの劣化している恐れのある点です。
建物や設備は時間が経過すればするほど、劣化します。
ソーラーパネルも例外ではなく、劣化することで発電効率がダウンして、思っているような売電収入が得られないリスクがあるのはデメリットです。
劣化のペースは、それまできちんとメンテナンスをしてきたかどうかで違ってくるため、
前のオーナーが丁寧にメンテナンスを行っていれば、劣化度合いも少なく高い発電能力を維持できます。
自分が運営するようになってからもメンテナンスをして、発電設備の劣化をなるべく起こらないようにする努力が必要です。
大きな劣化が認められると、補修・交換が必要になって、大きなコストを負担しなければなりません。
太陽光投資の収益は、売電収入によります。
この売電は発電能力によって期間が決められています。
10kW未満10年・それ以上20年です。
10年物の10kW以上の発電設備を購入した場合、売電でき、収益化できるのは10年間です。
売電できる期間が少なくなれば、収益ももちろん減りますのでその部分のシミュレーションを前もって行えば、デメリットも解消するでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.