太陽光投資における固定資産税について

太陽光投資と固定資産税

太陽光投資と固定資産税
太陽光投資を行う上で、忘れてはならないのが固定資産税ではないでしょうか。
固定資産税とは、毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産に対して課税される税金のことです。
例外はありますが、太陽光投資を住宅用に利用する場合は、固定資産税がかかることはありません。
しかし、産業用太陽光発電を投資目的で所有している場合は、固定資産税を納める義務があります。
そのため、太陽光投資では、売電量だけを見るわけではなく、必要経費や税金についても考える必要があるでしょう。
また、固定資産税を納める義務がない賃貸タイプの太陽光発電もあるため、注目が集まっています。
太陽光投資を行う際には自分で所有するのか、かからない賃貸タイプかどうかを事前によく調べ、シミュレーションしておきましょう。

固定資産税の計算方法

固定資産税の計算方法
固定資産税の算出する計算方法は、評価額×税率で求めることができます。
固定資産税の評価額は、国土交通省が定める土地の公的価格、地価公示価格の70%を目安に計算されるのです。
その際の税率は、標準で1.4%が適用されます。
また、太陽光発電の耐用年数は17年と言われており、固定資産税の評価額自体は、年数が経過することによって耐用年数が減っていくため、徐々に評価額は変わっていくでしょう。
太陽光投資を始める際には、発電量や日照時間、売電価格に意識がいってしまいますが、このような固定資産税の適用についての条件を事前に理解しておく必要があります。
そして、太陽光投資を行う上では、固定資産税以外にも、所得税や事業税が課税されることがあるため、確認しましょう。
こうした太陽光投資に伴う様々な税金は、税理士や太陽光発電の専門家に十分に問い合わせた上で投資を始めることが大切です。
太陽光投資における税率は、売電量によっても異なるため、専門知識がなければわからないこともあります。
各メーカーのソーラーパネルの性能や過去の事例などを比較し、選ぶ必要があるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.