太陽光投資と消費税還付について

太陽光投資と消費税

太陽光投資と消費税
太陽光投資を始める際には、太陽光発電に関する消費税の手続きについて知っておくと、とても便利です。
太陽光投資における消費税の手続きを知らないまま太陽光投資を始めてしまうと、損をしてしまうことがあるでしょう。
太陽光発電に関する消費税の手続きとは、産業用太陽光発電設備を購入した場合、所轄税務署に届け出を提出し、消費税の申告をする必要が義務付けられていることを指します。
申告の義務を守ることによって、設備投資に関わる消費税の還付を受けることができるのです。
しかし、この制度を利用することができるのは、課税事業者に限られています。
そのため、消費税の還付を受けたい場合には、課税事業者になる必要があり、課税事業者になると、消費税を納める義務があるのです。
この還付を受けるか受けないかが大きな違いとなってくるでしょう。
しかし、知識化がなければ、こうした太陽光投資における消費税の還付に関する申告方法や、書類など細かな点を把握することは難しいのではないでしょうか。
そのため、専門家に相談することをおすすめします。

消費税の還付について

消費税の還付について
太陽光投資における消費税が、どのくらい還付されるかを知っておきましょう。
例えば、設備の価格が2千万円の場合では、消費税が160万円課せられます。
設備投資としての費用は、その後の運用によってまかなえるもののもの、消費税の160万円分が自己負担となるのです。
その際、160万円分の消費税の還付申請をすることができます。
しかし、消費税の還付を受けるための申告をすると、課税事業者となるため、少なくとも3年間の納税義務があるのです。
その点を踏まえた上で太陽光投資を行うタイミングや、消費税還付の希望額などを考えていきましょう。
太陽光投資を行う際に、消費税還付申請のタイミングと実際に支払われるタイミングが思っていたよりも異なり、予定が狂ってしまうという方も少なくありません。
しっかりと申告の義務を果たしながら、太陽光発電で期待した通りの利益を生むことができるよう、計画的に投資を行っていきましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.