太陽光投資に適した地域とは

投資目的で太陽発電を始める

投資目的で太陽発電を始める
産業用太陽光発電の投資を検討している人も多いでしょう。
太陽光投資を行う上で大切なことは、適した地域を選ぶことです。
北海道や東京、沖縄の3つの地域で、産業用の投資目的として太陽光投資をするのであれば、日昇から日没までの時間が最も長い沖縄が一番有利なイメージがある人も多いのではないでしょうか。
しかし、太陽光投資で重要な要素は、太陽が昇っている時間の長さだけではありません。
日射量も重要な要素です。
通常、太陽光発電のシミュレーションには、地域の日射量、平均気温、直流から交流変換時のロスの3つから算出しますが、設置場所の日当たり、電気回路の設計、電線のロスなども考慮しなければなりません。
また、その地域に適した設計がされているかどうかも大切です。

地域による発電量の差

地域による発電量の差
太陽光発電は、地域によって発電量に差があります。
日射量が少ない地域であっても、適した方向と角度に設置することが重要です。
太陽光投資目的として、どの地域で太陽光投資をするかを決める際は、地域ごとの発電量実績を確認すると良いでしょう。
1キロワットあたりの平均年間発電量がわかります。
地域別の発電量を見ると、北に行くほど発電量が少なく、南に行くほど発電量が多いです。
また、雨が降る日が多い太平洋側よりも、内陸の発電量が多い傾向にあります。
北海道は発電量が少ないですが、梅雨がなく、夏場も涼しい気候で広大な土地を得やすいといった特徴があるため、エリアによっては太陽光発電の適地とも言えるでしょう。
北海道に限らず、他の地域もエリアによって発電量の差が見られます。
一方、南に行くほど発電量が多いと言われていますが、沖縄よりも九州や長野県の発電量が多い傾向にあるため、南だから発電量が良いというわけではありません。
その理由は、降水量や夏場の気温上昇、土地の高さにあります。
そのため、降水量が少なく、気温が上昇しにくい、比較的高い地域の方が発電量のロスが少ないので、発電量が多くなるのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.