太陽光投資のコスト削減の方法とは

売電単価が18円でも利益が出せる

売電単価が18円でも利益が出せる
2018年、太陽光発電による売電単価が当初の半分以下である18円に決定されました。
売電単価が18円になろうとも、長期間の買取期間があれば、事業として太陽光投資は成り立ちます。
しかし、必ずしも太陽光投資を行うすべての人が同じ考え方をしているわけではありません。
そこで、太陽光投資のポイントになるのがコスト削減方法です。
売電単価が18円でも利益を出すためにはコスト削減が重要になってきます。
太陽光投資の導入を検討している人は、事業を成り立たせるための、コスト削減方法について知っておきましょう。
コスト削減する方法は様々ありますが、適切な方法でコスト削減をしなければ安定して発電することができません。
また、売電収入が下がってしまうリスクもあります。
売電収入に影響を与えるものは何かについても知っておく必要があります。

売電収入に影響を与えるコスト削減

売電収入に影響を与えるコスト削減
売電収入に最も影響を与えるのは、電所の設計です。
適切な設計であっても、コスト削減しすぎると、発電量が下がる場合があります。
また、工事費用も売電収入に影響を与えやすいです。
直流ケーブルの太さ、集電箱のブレーカーの大きさなどが発電量に影響しますが、
工事費用を削減したことで、適切な設備が設置できない可能性がでてきます。
そのため、工事費用を下げる際は、ケーブルとブレーカーを確認してください。
細いケーブルや容量の小さいブレーカーは売電に影響を与えます。
部材のコスト削減については、モジュール、パワコン、遠隔監視装置に注意しなければなりません。
近年、モジュールの費用が少しずつ下がり続けていますが、単結晶がおすすめです。
パワコンはあまり影響を与えませんが、コストを抑えられて、過積載率が高いメーカーを選びましょう。
また、遠隔監視装置は通信費が含まれているかどうか、エラーコードを読み取ることができるか、抑制対応ができるかがコスト削減のポイントになります。
架台のコストを下げすぎると、発電所が壊れるリスクがアップするため、斜材を減らす、鋼材の厚みを薄くする、杭間隔を広くするなど、1つのコスト削減方法に絞ると効果的です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.