太陽光投資の売電収入の計算方法について

売電収入は自分でも計算できる

売電収入は自分でも計算できる
太陽光投資をする上で、売電収入を計算しなければなりません。
年間、どのくらいの売電収入があるか知りたい人も多いでしょう。
自分で計算したい人もいるはずです。
太陽光投資における売電収入の計算は簡単に自分で計算することができます。
計算方法を知っておきましょう。
計算方法は、売電単価×発電量です。
売電価格は経産省と電力会社に申請した年度で決定されます。
2017年度の売電単価は21円であるため、100kWの太陽光投資を行った場合の計算方法は21円×111,000kWhとなり、売電収入は年間230万円となります。
このように、年度の売電単価と発電量kWhが分かれば、簡単に計算することができるため、これから太陽光投資を始める人は計算してみてはいかがでしょうか。

発電量を計算する方法

発電量を計算する方法
1年間の発電量を計算する方法は平均日射量×365日×太陽光パネルの容量kW×0.8です。
0.8という数字はロス率20%になります。
例えば、平均日射量が3.45の場合の1年間の発電量は、3.45×365日×100kW×0.8となり、100,740という数字が出てきます。
さらに1年間の売電収入を計算方法は100,740kWh×21円となり、2,115,540円となるのです。
この方法で発電量と売電収入が計算できるということを知っておきましょう。
平均日射量はネット上で調べることができます。
自分で計算するのが面倒だと感じる場合は、太陽光投資関連の業者や会社にシミュレーションしてもらうといいでしょう。
売電収入を計算した後、太陽光投資で本当に利益がでるのかと不安を感じた人もいるのではないでしょうか。
すべて自費で太陽光投資をすると売電収入がすべて自分の利益になりますが、大きな投資であるため、ほとんどの人は銀行などから融資を受けています。
融資を得ると月々の返済額が決まるため、手持ちの利益がどれくらいなのかが見えてくるでしょう。
売電収入を増やす方法もありますが、まずは売電収入を計算し、利益がどれくらいであるかを判断することから始めてみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.