太陽光投資のダブル申請で補助金をもらうには

ダブル申請で補助金を受け取ろう

ダブル申請で補助金を受け取ろう
初心者でも補助金を受け取って太陽光投資をすることができます。
それはダブル申請です。
補助金の申請先は主に3つあります。
注意しなければならないことは、補助金は申請すれば必ず受けられるというわけではなく、予算額や募集期間が決まっています。
また、補助金額が高いものは申請が難しく、短期間に設定していることも少なくありません。
これから補助金を受けて太陽光投資を始めようと検討している人は、まずは難易度が低い地方公共団体の補助金から申請してみてはいかがでしょうか。
市町村や都道府県の補助金を確認してみてください。
補助金のダブル申請をする前に、電話で確認しておくべきポイントが6つあります。
それは、住宅の屋根の設置が対象か、市町村への申請も可能か、工事の依頼先からもらうべき書類、現在の補助金の交付金決定状況、来年度も継続される予定か、経済産業省や環境省の補助金と組み合わせて申請ができるかの6つです。

難易度が上がる補助金申請

難易度が上がる補助金申請
ダブル申請は、地方公共団体の組み合わせだけでなく、経済産業省や環境省からの補助金と組み合わせることができるものもあります。
それぞれの申請書に、他の補助金を利用するかどうかの記入欄があるため、記入してください。
しかし、国の補助金はダブル申請することができません。
地方公共団体よりも難易度が高いのは経済産業省の補助金です。
75万円の補助金を受け取ることができ、光熱費がほとんどかかりません。
コストが高いとされていますが、電気をつくって売電することで長期的にみるとお得です。
経済産業省や環境省は来年度も継続する予定だと情報が出る場合があるため、チェックしてみてください。
最も難易度が高いのは環境省からの補助金です。
個人で申請することができないため、補助金を申請できる業者を探さなければなりません。
申請に手間がかかり、通常の太陽光投資の契約とは異なり、様々な書類を添付する必要があります。
そのため、補助金を利用したいということを業者に伝えておくことが大切です。
ダブル申請で補助金を受け取り、太陽光投資をしてみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.