太陽光投資の保険と保証について

保険や保証の知識を身につけよう

保険や保証の知識を身につけよう
太陽光投資をする前に、保険や保証について知識を身につけておきましょう。
検討している保険、保証の中には不要なものがあるかもしれません。
パネルメーカーが20年の出力保証をつけているもの、保険料の安さを重視している人もいるのではないでしょうか。
太陽光投資ではパネル、パワコン、架台などにはメーカー保証がついています。
しかし、その保証範囲は自然に壊れてしまった時だけに有効である場合が多いです。
保証では直すことができない落雷や水害などが原因で故障した場合に助けてくれるのは保険となります。
融資を受ける際にも審査段階で、トラブルが発生したときの対処法を聞かれますが、保険会社の保険が必要です。
しかし、保険選びを間違えてしまうと、太陽光投資で得た収益を圧迫し、赤字になってしまう可能性があります。
適切な保証や保険を選ぶポイントを知っておきましょう。

太陽光投資における保険、保証

太陽光投資における保険、保証
パネルメーカーの保証は主に、製品保証と出力保証があります。
10〜12年の製品保証ではなく、20〜30年の出力保証を選ぶと良いでしょう。
パワコンの保証は、会社によって対応が異なりますが、パネルメーカーと同様に自然故障に対しての保証がついていることが多いです。
故障時にメーカーが現地に行って修理を行うオンサイト保証と、現物を支給してオーナーが修理する現物保証があります。
日本国内のメーカーはオンサイト保証が主流です。
工事業者にも工事期間中の部材の盗難、不足の事態を保証する保険があります。
金銭保証をもらっても部材によっては数ヶ月待ちになってしまう可能性があるため注意してください。
また、分離発注する場合にも注意が必要です。
太陽光投資のオーナーが任意で加入する保険は、加入する保険の範囲を見定め、漏れがないこと、被りなく入ることがポイントになります。
業者が紹介した保険やメンテナンスとセットになった保険は、割引制度が適用されていることがあるため、上手に活用しましょう。
保険料の見直しについては、パネル価格や工事価格の推移を見ながら行ってください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.