太陽投資による設備の耐用年数について

太陽光投資に必要な設備

太陽光投資に必要な設備
太陽光投資に必要な設備は、太陽光パネル、パワコン、架台、遠隔監視システム、フェンスなどが挙げられます。
太陽光パネルは、太陽電池を組み合わせた一枚の板状のもので、発電した電圧は直流電圧として接続箱に集まる仕組みです。
パワコンとは、パワーコンディショナーの略で、発電した直流電圧を交流の電圧に変換する設備になります。
交流の電圧に変換してから電力会社に売電しなければなりません。
架台は太陽光パネルを設置するための台です。
接続箱は、集めた直流電圧をパワーコンディショナーに送る設備です。
遠隔監視システムは、発電量や発電実績、売電価格などを表示させるシステムで、産業用太陽光発電には必要な設備となります。
フェンスは太陽光発電システムの周りに設置しなければなりません。
これは、害獣や人の侵入を防ぐために設置するもので、義務付けられています。
このように、太陽光投資は様々な設備が必要ですが、寿命によって故障の可能性もあります。
設備の耐用年数について知っておきましょう。

設備の耐用年数

設備の耐用年数
太陽光投資における必要な設備の平均寿命は一般的に、20年程度とされています。
今度、技術や製品が向上することが期待されており、耐用年数が25年から30年までになるでしょう。
しかし、設備の中でも太陽光パネルは5年以内に3割以上の故障が見つかっていると報告されています。
特に、発電量に注意が必要です。
異常を早く発見し、すぐに点検や調査を行うようにしましょう。
また、パワコンなどの設備も本来の機能を継続的に発揮するには維持管理や保守を行うことが大切です。
パワコンの耐用年数は10年から15年とされており、定期的にコンデンサを取り替えなければなりません。
電力メーターは、10年に1回の取り替えが必要です。
メンテナンスが必要ないとされている太陽光投資ですが、太陽光パネルが汚れると発電量が低下したり、パワコンに内臓されているインバーターも経年劣化したりして効率低下や故障が発生します。
産業用の太陽光発電は、法定耐用年数は17年です。
税法上の耐用年数であるため、実際の耐用年数とは異なります。
適切な維持管理をして、耐用年数を伸ばしましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.