太陽光投資の再エネ・クロス発電とは

太陽光発電と風力発電

太陽光発電と風力発電
環境への影響から、太陽光発電システムなどにおける再生可能エネルギーが注目されています。
太陽光投資に興味がある人も多いのではないでしょうか。
太陽光投資で売電を行い、住宅ローンの返済にあてる人もいます。
自家消費する人もいます。
ビジネスでも、成長が期待されています。
太陽光発電だけでなく、風力発電も売電価格が高いため、注目されている自然エネルギーの一つです。
風力発電は将来的に発電費用やメンテナンス費用が下がると考えられているため、利回りがアップすることが期待されています。
風力発電のメリットは、環境に優しく、24時間運転ができることです。
1888年に作られましたが、その後100年以上も普及しませんでした。
しかし、2000年頃から急速に拡大しました。

再エネ・クロス発電とは

再エネ・クロス発電とは
福島県飯館村は、村の約75%を森林が占めており、自然豊かで美しい村です。 しかし、東日本大震災では風向きなどの条件が重なり、原発事故で飛散した放射性物質による汚染問題が生じました。
現在は、避難指示が解除され、原発事故を乗り越えるために中断された低炭素型地域づくりを行なっています。
再生可能エネルギーも東日本大震災の復興計画の一つです。
福島県飯館村では除染や復興事業と並行して、太陽光発電設備が建設されています。
太陽光発電と風力が合体した再エネ・クロス発電という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
再エネ・クロス発電は、太陽光発電がフルに発電していない時間に風力発電の電力を送電して売電量を増やすことが目的です。
太陽光発電の連系枠を活用して他の再エネ電力を連系を行うケースは国内初です。
夜間や曇天の日は太陽光だけでは十分な発電ができないため、風力の発電電力を投入します。
また、太陽光発電と風力発電を合わせた発電量が10MWを超える時には、風力発電の出力を制御して、連系枠を超えないように調節します。
再エネ・クロス発電は発電施設として、今後さらに注目されるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.