太陽光発電と原子力発電の比較

太陽光発電と原子力発電の違いについて

太陽光発電と原子力発電の違いについて 太陽光発電はクリーンで安全なエネルギーで、原子力発電は危険性が伴うものだというイメージを持っている人も多いでしょう。
これは間違いではありませんが、他にも違いはたくさんあります。
この両者を比較することによって、現代の発電事情も見えてきます。
これら2種類の発電方法というのは、リスクの大きさという面では両極端な立場にありますが、発電量も非常に大きく異なっているでしょう。
太陽光発電システムが普及してきましたが実際に日本における発電量は微々たる量です。
それに比べて東日本大震災以前の原子力発電による発電量は、およそ3000億キロワット程度ではないでしょうか。
発電量を単純比較すると全く及びませんので、一見すると圧倒的に原子力発電に分があるように感じますが、実はそうではありません。
発電量よりも大切な要素でもある「安全性」が原子力発電にはありませんから、それが影響を与えているのです。

原子力発電以上に太陽光発電が話題になるには理由がある

原子力発電以上に太陽光発電が話題になるには理由がある 上記したように原子力発電には「危険性がある」という致命的な弱点があります。
またこの2種には大きな違いもあり、それは個人が発電に介入できるかどうかという問題です。
原子力発電に個人が介入することなどできるはずはありませんが、太陽光発電であれば、一般的な住宅や集合住宅、ビルなど、あらゆるところにパネルを設置して発電が可能です。
決して多くの電気が作れるわけではありませんが、原子力発電に比べると非常にオープンだといえるでしょう。
原子力発電で作られた電力と違い、太陽光発電であれば、売電をすることも可能ですから、投資感覚で個人や企業が参入しやすくなっています。
このように2種を比較することで多種多様な違いに気付けますが、最たるものは何と言ってもリスクの有無ではないでしょうか。
太陽光発電などのクリーンエネルギーは原子力などの発電方式を凌駕する素晴らしい発電方法だと思われます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.