太陽光投資が地方創生に繋がる?

地方創生とは

地方創生とは
地方創生という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
安倍政権における2014年秋の臨時国会でも地方創生が大注目されました。
地方創生は、2060年に1億人程度の人口を確保するための目的があります。
日本の人口は2016年で1億2699万人とされていますが、2060年には4000万人近くの人口が減り、8674万人になると言われているのです。
さらに、2100年には4959万人まで減るとされています。
国としては、なんとか人口減少を食い止めたいため、地方創生に取り組んでいます。
2014年9月3日、第二安倍改造内閣発足と同日の閣議決定によって「まち・ひと・しごと創生本部」が設置され、12月2日には施工されたことにより内閣設置の法定組織になりました。
急速に進む日本の少子高齢化に対応し、人口減少を食い止めて各地方自治体がワークバランスを保ち、日本の社会全体を活気あるものにしていかなければなりません。

地方創生につながる太陽光投資

地方創生につながる太陽光投資
地方創生には様々な方法がありますが、太陽光投資もその一つです。
省資源国日本において、エネルギー自給率を高めることや、将来の子供達のために再生可能エネルギーを推進していく必要があります。
しかし、一つに地域に一つの事業者、一個人の取り組みだけでは初期投資や事業管理に必要なコスト、運営リスクなどが大きな負担となるでしょう。
そこで、太陽光投資など地域に根差した再生可能エネルギーによる電力の地方創生計画を提供する企業や個人の投資家が現れることで、地域資源を有効活用し、地域の雇用創出やエネルギーコストの地域還流が見込まれ、政府の掲げる地方創生の実現につなげることが出来ます。
太陽光投資で得た売電利益を、これまでの電力会社だけでなく地域のお金が地域で回るようになるでしょう。
地方創生につなげるために、太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか。
太陽光投資の知識を身につけ、事業などに取り組むことでそこから得られる利益が再生可能エネルギーの普及のために使われると、かなりの普及推進力になるはずです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.