太陽光投資におけるセカンダリーマーケットについて

太陽光投資におけるセカンダリーマーケットとは

太陽光投資におけるセカンダリーマーケットとは
FIT制度ができてから、急速に太陽光投資が広がりました。
発電整備を設置して売電することが太陽光投資で利回りを出すものでしたが、それに加えて発電所や売電の権利を売買するセカンダリーマーケットも注目を集めています。
2017年4月に改正FIT法ができ、新制度への移行条件として電力会社との接続契約締結に期限が設定され、条件を満たさない場合には認定が取り消されます。
入手した認定が移行期間に失効させてしまうのは勿体無いという太陽光投資家たちが、発電所の設備や権利を売却するようになりました。
また、太陽光投資における発電はメンテナンスフリーとされていますが、屋外に設置するものであるため、自然環境の影響を受けます。
そのため、保守やメンテナンスは必要となりますが、FIT制度が始まってから太陽光投資として人気が高くなり、保守やメンテナンスを想定せずに事業を始めた人も少なくありません。
想定していなかった手間、コストをこれからも続けていかなければならないのであれば、設備を売却してその分の費用を本業に回したいと考える太陽光投資家が増えたこともセカンダリーマーケットが注目されている理由の一つです。

セカンダリーマーケットが注目される理由

セカンダリーマーケットが注目される理由
太陽光投資を始める理由として、減価償却費の計上があります。
減価償却費の計上を終えたこともセカンダリーマーケットが注目されている理由ではないでしょうか。
減価償却費の計上が目的で太陽光投資を始めた人の中には、長期の保有を想定していない人も少なくありません。
減価償却のメリットを得た後は、早期に現金化することが多いです。
目的が達成したため太陽光投資をやめて設備を売却したいと考える投資家が多くいます。
近年、太陽光発電の設備の売買を橋渡しする企業も増えてきており、太陽光投資におけるセカンダリーマーケットはますます活性化するでしょう。
セカンダリーマーケットは過去の実績を見ることができるため、収益の予想を立てて始められるといったメリットがあります。
しかし、中古であるため安定して売電できる期間が短くなったり、メンテナンスや修繕が頻繁に必要になったりするというデメリットもあります。
このようなセカンダリーマーケットの特徴を理解した上で、太陽光投資を始めましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.