太陽光投資におけるフリッカ事象の対応とは

フリッカ事象とは

フリッカ事象とは

発電所があるエリアで広範囲において証明のちらつきが行ってしまう現象により、電圧が頻繁に変動して発生するのがフリッカ事象です。
変電所との距離と単独運転検出機能能動的方式との組み合わせが発生理由になります。
太陽光投資を行っている人で「太陽光用パワーコンディショナにおけるフリッカ事象への対策のお願い」についての手紙が届いた人のなかには、何が何だか分からない人もいるでしょう。
このフリッカ事象で対策が必要になる場合もあります。
パワコンのソフトウェアの書き換えが必要になると、費用が発生する可能性もあります。
パワコンが対策済みであるかどうかが問題であり、対策済みであることを用紙に記入して返信用封筒で返送すれば問題ありません。
新しい型番のパワコンを使用している発電所の場合は対策済みであることが多いものの、古い型番のパワコンを使用している発電所の場合は対策されていないことが多いです。

対策が必要な場合の対応

対策が必要な場合の対応

太陽光投資を行っている人で発電所が対策済みではないのなら、すぐに専門業者に相談しましょう。
施工業者やパワコンメーカーへの確認をしないといけないとともに、対策後に回答用紙に記入して返送する必要があります。
さらに、すでに対策済みであった場合でも、回答用紙に記載して返送する必要があるのも注意点です。
太陽光投資を行っている人でも、分からないことがあって当然であり、こういった不測の事態があった場合の対応をおろそかにしてはいけません。
特に古い発電所である人は注意すべきといえます。
それほど難しい対応が求められるというわけではなく、面倒で手間がかかることであるのは間違いありません。
分からないことをそのまま分からないことにしてしまうのは危険であり、専門業者に相談するのが最も確実な方法となります。
フリッカ事象の対応について聞きたいと相談すれば、すぐに適切な対応方法を教えてくれます。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.