太陽光投資の定期報告とは

太陽光投資は定期報告の提出が必要

太陽光投資は定期報告の提出が必要

太陽光投資をする際は定期報告をしなければなりません。 定期報告が未提出だと、指導や認定取り消しの対象になる可能性があります。 2018年7月23日に、定期報告に関する注意喚起という文書が資源エネルギー庁から公開され、定期報告の提出義務がありながら、これまで未提出だった太陽光投資などの発電設備のオーナーに期限を区切って提出を求めました。 未提出者に対する罰則は、経済産業大臣による指導の対象になると明記されており、対応せずに放置していると売電が取り消される可能性があります。 しかし、太陽光投資のオーナーの中には自分が該当するのかわからない人もいるのではないでしょうか。 定期報告とは何か、提出対象者はどのような人か、なにをするべきかなどについて知っておきましょう。

売電ができなくなる前に対応しよう

売電ができなくなる前に対応しよう

定期報告とは、太陽光投資だけでなく風力発電、小水力発電などの再生可能エネルギー発電の設備を設置し、固定価格買取制度で売電を行う事業者に義務付けられている報告書です。 設備にかかった費用や運転にかかった費用、増設した際にかかった費用などを報告しなければなりません。 運転費用の報告は1年に1回であるため、注意してください。 定期報告の未提出者で注意喚起の対象となるのは、10kW未満でJPECの補助金を受給しておらず、運転費用報告を提出していない人、経済産業大臣名義で運転費用報告の提出を求めるメール等が届いているのにも関わらず未提出の人です。 10kW以上の場合は運転開始後1回でも提出していない人が対象となります。 複数の定期報告が未提出の場合は、まず一番古いものから提出してください。 システムの制約により1回につき一つの定期報告しか提出することができません。 注意喚起があったにも関わらず、放置していると指導が入ります。 どのような形で指導が入るかは決まっていないようですが、指導後も未対応であれば認定の取り消し対象となる可能性があります。 太陽光投資が続けられなくなるため、売電できなくなる前に対応してください。 抜け、漏れ無くしっかりと対応して太陽光投資をしましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.