太陽光発電の単結晶・多結晶の違い

太陽光発電に不可欠パネルの種類について

太陽光発電に不可欠パネルの種類について 自宅で気軽に発電できるということが魅力の太陽光発電ですが、これを行う際に用いるパネルにはいくつか種類があります。
太陽光パネルはシリコンを用いて製造されていることもありますが、単結晶・多結晶の違いはシリコンの種類の違いになります。
また見た目も異なるわけですが、それ以外にも違う点はあります。
まず単結晶・多結晶は両方とも「結晶系」のパネルに該当し、大きく分けると同じ種類といえるかもしれません。
単結晶は結晶のサイズが大きめなのが特徴であり、それによってより発電しやすい環境が作りやすくなります。
多結晶タイプのほうが使用されているのですが、様々な面を考慮すると単結晶タイプのほうが優れているといえそうです。
そして単結晶タイプは結晶が向いている方向がすべて同じという特徴がありますし、悪天候時にも発電を期待したいならば単結晶の太陽光パネルが向いているでしょう。

単結晶以上に日本で使用されている多結晶タイプのパネル

単結晶以上に日本で使用されている多結晶タイプのパネル 単結晶タイプの太陽光パネルのほうが発電効率という面では優れていますが、どうしても費用が高くなってしまいがちです。
それに比べて多結晶パネルは比較的低コストで提供されていますし、大量に作りやすいというメリットを持ち合わせています。
発電効率のことを考えると単結晶がおすすめですが、初期費用が高くなるので悩ましいところです。
しかしトータル的に考えると単結晶のほうがメリットが大きいこともあり、近頃は単結晶の太陽光パネル人気が高まってきています。
詳しいことは知らない一般の人にとっては、「結晶の違い」は馴染みがないかもしれませんが、太陽光発電のパネルは長期的に使うわけですから、しっかり検討すべきでしょう。
売電による収入を目的として太陽光発電システムの導入を検討している人にとっては、意外と大きな問題となるでしょう。
どちらかを選ぶか自ら決められない場合には、信頼できる太陽光発電専門業者に助言してもらうと良いでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.