住宅用太陽光発電の利回り

住宅に太陽光発電システムを導入した際の利回りについて

住宅に太陽光発電システムを導入した際の利回りについて メガソーラー発電を行う事業者などもたくさん出てきていますが、数でいうと住宅用太陽光発電のほうが圧倒的に多数でしょう。
多くの家庭が安くはないイニシャルコストを支払ってまで導入しているのにはわけがあります。
主たる理由は比較的高い利回りが期待できるからでしょう。
一般的な住宅用太陽光発電を導入している家庭の場合、昼の間の電気使用量があまりない場合は8%弱程度の利回りが期待できます。
それに対して昼の間の電気使用量が多いと利回りは6%弱となり、その差は2%程度となります。
太陽光発電システムは当たり前ですが太陽の光を利用するので、昼の間に作ることができる電力量に左右されます。
極端に言うと全く使わないで売電した場合には、上記した利回りよりも良い数字となるでしょう。
この数字は他の投資に比べるとかなり高いと評価されていますので、是非ともシステムの導入をしたいです。

住宅用太陽光発電の利回りを他の投資と比較する

住宅用太陽光発電の利回りを他の投資と比較する 住宅用の太陽光発電の利回りは6%程度から8%程度というのが現実的な数字でしょう。
中にはこれ以上の数字を希望していたかもしれませんが、実はこの数字はかなりすごいといえるでしょう。
我々が普段利用している銀行の普通預金の利回りは、0.001%から0.02%です。
預金は太陽光発電とは異なりリスクもないでしょうから一概に比較はできませんが、相当な差があることに気づきます。
個人向けの国債は0.05%となっているので、太陽光発電の優秀さが分かります。
住宅用の太陽光発電システムを実際に導入すると売電する楽しさを感じることができるといいます。
少しでもたくさんの量を売電したい…ということで、節電に協力的になりますし、メリットはたくさんあるでしょう。
用いている発電システムや住宅が存在している環境などによって%に差異は出てきますが、比較的高い利回りでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.