太陽光発電によるグリーン投資減税のメリット

太陽光発電で得られたグリーン投資減税のメリットについて

太陽光発電で得られたグリーン投資減税のメリットについて 平成25年4月1日から平成27年3月31日までの間に太陽光発電システムを導入設置して、それから1年経過するまでに実際に発電を行うとグリーン投資減税の恩恵を受けられました。
この減税政策によって、もともと太陽光発電に興味を持っていた人の多くが設置に乗り出しました。
グリーン投資減税によるメリットを受けられるのは個人だけではなくて法人も当てはまります。
しかし青色申告を行わないといけませんから注意が必要でした。
個人は3年間、そして法人に関しては9年間適用されますから多くの恩恵を受けられるでしょう。
この制度によって3種類の税金優遇制度ができたわけですが、「7%の税額控除」「30%の特別控除」「100%の即時償却」があり、いずれが適用となってもお得です。
100%の即時償却が適用されるとかなりの節税が可能になりますし、繰越欠損金の繰り越しができるのでメリットだらけでした。

太陽光発電とグリーン投資減税のメリット

太陽光発電とグリーン投資減税のメリット 100%の税額控除は本当に魅力的ですが、30%の特別控除も素晴らしい制度でした。
太陽光発電を特別償却した際に赤字となった場合は、繰り越しが可能なので相殺することができるので、投資目的としても最高です。
これらの他に7%の税額控除というものもあり、一定のルールはありますが太陽光発電を導入した際の価額の7%分の税金を減らすことができます。
もちろん繰り越すこともできます。
グリーン投資減税には100%、30%、7%の3種類がありますが、どれも出力が10キロワット以上ある必要があります。
7%の税額控除については定められている条件を満たした中小企業などの団体も適用させることができます。
太陽光発電による利益を長期的に得られる可能性がありながら、さらに税金面でもお得になるというのは喜ばしいことでしょう。
グリーン投資減税はすでに終了してしまいましたが、生産性向上設備投資促進税制による恩恵はまだ受けることができます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.