太陽光発電投資と不動産投資の比較

太陽光発電投資と不動産投資について

太陽光発電投資と不動産投資について 近頃太陽光発電に関する投資が盛んで、企業だけではなくてかなり多くの個人も太陽光発電投資に乗り出しています。
太陽光発電は非常に人気ですがその理由は、地球環境に貢献することができる、電気は必要不可欠だからなど様々あります。
さらには原子力発電による発電が影を潜めている状況ですから、より興味を持っている人が多いのです。
ただ単に興味津々というだけではなくて、実際に投資としても優秀な側面を持っていて、ケースバイケースではありますが高めの利回りが期待できるでしょう。
完ぺきに投資目的で参入するのか、それとも住宅の屋根につけて余剰分を売電するのかによってうま味は変わってきますが、投資としても人気があり、話題にもなっています。
対して不動産投資は長い歴史を持っていて何らかの形でこの投資を行った人もいるかもしれません。
しかし太陽光発電以上に資金力が必要になるケースが多いのが現状です。
さらに土地の価格が上昇しているときであれば問題ありませんが、最近は一部の地域を除いてはあまり期待が持てないかもしれません。
そしてとても大事な利回りを比較すると、太陽光発電のほうが安定していて、収益用の不動産投資の場合はふり幅が広めになっており、確実性を求めるならば太陽光発電がおすすめでしょう。
ただし不動産投資は成功すると太陽光発電以上の利回りが期待できそうです。

投資を行うにあたって気になるのはリスク

投資を行うにあたって気になるのはリスク どのような投資であったとしても当然リスクはつきものです。
ですができるだけリスクが小さいほうが良いに決まっていますし、期待できるリターンに対してどれくらいのリスクがあるのかはしっかりと考慮する必要があるでしょう。
またメリットやデメリットも比較しなくてはなりませんが、太陽光発電投資の場合、自宅に設置する形式であればかなり恩恵を受けられるでしょう。
逆に不動産投資の場合は収益物件に自ら住むこともできます。
デメリットは太陽光発電は固定買取以後の買取相場について、不動産の場合は集客問題や補修などの問題でしょうか。
トータル的に考えると太陽光発電投資のほうが魅力があるかもしれません。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.