太陽光発電投資は節税にもなる

太陽光発電投資で節税をしたい

太陽光発電投資で節税をしたい 太陽光発電は利回りも優れており、他の投資に比べて安定性もあるので人気がありますが、節税にもなるというメリットもあります。
今まではグリーン投資減税という制度があったので、大きなメリットを享受できた人もいますが、これは残念ながら終了してしまいました。
そしてその後、「生産性向上設備投資促進税制」が誕生し、平成28年の3月31日まで「即時償却or税額の5%控除」が可能でした。
その後は、同じ「生産性向上設備投資促進税制」の「特別控除50%or税額の4%控除」という制度が利用できる状況です。
これを行っているのは経済産業省で、太陽光発電投資以外にもこの制度を該当させることができます。
「特別控除50%or税額の4%控除」というものは非常に魅力的で、太陽光発電投資に挑戦し、尚且つ節税もできるということで注目を浴びています。
しかしこの期限が目前に迫っている状況でもありますので、早めに行動を起こしたほうが良いでしょう。
ただし節税制度を活用するのであれば、まずその制度について調べて、自分が思い描いている太陽光発電にも該当するのかを調べることも重要です。
いざ始めたものの該当せず節電できない、期限の詳細を知らなかったということもあり得ますので、期限でもある平成29年3月末時点で何をしておけば、「生産性向上設備投資促進税制」の節税制度を活用できるのか調べておきたいです。

太陽光発電投資はお得なことばかり?

太陽光発電投資はお得なことばかり? 一般的な投資とは違って、太陽光発電は継続的に稼ぎやすいですし、リスクはかなり低いといえます。
そのうえ節税できるというのは大きなポイントです。
他の投資であれば、同時に節税ができるものなど、なかなか想像できないでしょう。
太陽光発電はある意味では資産にもなりますし、「お金を生み出す」こと以外でも活用することが可能です。
もし太陽光発電投資に興味があるのであれば、節税制度が充実しているうちに行動を起こしましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.