太陽光発電の設置方法について

太陽光発電システムの設置方法について

太陽光発電システムの設置方法について 家を新築する際や今住んでいる家の屋根に太陽光発電システムを設置する際には、基本的に専門業者に依頼することになります。
中には自ら設置する人もいますが危険も伴いますし、きちんと設置できないという例も多々あります。
業者に依頼した場合の流れについて紹介します。(あくまでも一例です)
まず、設置する住宅に足場を組むことになりますが、屋根が施工場所となるので比較的高さのある足場となるでしょう。
その後、ソーラーパネルや配線、関連機材などを現場に運びいれますが、どれも繊細で高価なアイテムとなるので、慎重に扱わなくてはなりません。
いよいよ設置に入るのですが、設置方法は基本的にどの業者も似たようなものです。
ソーラーパネルを取り付けるための支柱を設置して、そのあとに配線工事も行うことになります。
パネルなどを屋根上に取り付けるだけでは意味がありませんから、しっかりと配線工事をしなければいけません。
屋内にパワーコンディショナーを取り付け、売電計や接続箱なども設置することになるでしょう。

太陽光発電においての設置方法について

太陽光発電においての設置方法について ソーラーパネルを設置する時に必要な架台の工事は意外と長時間続くことになります。
フレームなども設置して、そしていよいよソーラーパネルを屋根上に取り付けることになりますが、手作業で屋根上にあげるとパネルを傷めるリスクがあるので、専用リフトを使うこともあります。
そしてソーラーパネルを設置していきますが、上からではなくて通常は下から順に並べていく形です。
あとは足場を片付けたり、清掃をしたりして終了となります。
太陽光発電システムの設置というのは、設置するパネルの枚数や屋根の傾斜角度によって必要になる時間や難易度が大きく異なります。
屋根の状況によっては、太陽光発電の設置方法も多少変わるかもしれません。
設置方法に疑問がある場合には、遠慮することなく施工業者に確認するようにしてください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.