太陽光発電投資のための初期投資はどのくらい?

太陽光発電投資を行うための必要資金について

太陽光発電投資を行うための必要資金について 何らかの投資を行うにあたって、まずどれくらいの資金が必要になるのか気になるでしょう。
1万円未満で可能な投資も中にはありますが、太陽光発電の場合は、ある程度の初期投資が必要になります。
この発電システムを自宅の屋根で行う場合には、当然ソーラーパネルが必要になるでしょう。
どれほどソーラーパネルを使用するのかによっても初期投資額は変わりますし、またパネル以外にも様々な機材が必要になります。
発電した電気を使用可能な状態にするためのパワーコンディショナーなども必要で、施工費も合わせると大腿最低でも100万円以上はかかることになるでしょう。
ソーラーパネルの相場は変動しますが、現時点では1kWhにつき30万円程度となっています。
通常自宅の屋根に設置をする際には、大きくても4kWh分のパネルになるでしょう。
ということは、ソーラーパネルの費用は120万円ということになります。

太陽光発電投資でかかる初期投資費用を把握しておこう

太陽光発電投資でかかる初期投資費用を把握しておこう 太陽光発電投資をするにあたって必要なものはソーラーパネル以外にも様々あります。
パワーコンディショナーについては大体30万円程度となっていますし、接続箱費用、モニターやケーブルなどが10万円程度となります。
施工費や諸経費は業者によってもある程度違いが見られますので、4kWhのケースだと100万円台後半といったところでしょうか。
ただしこの初期投資費用はあくまで例で、特にパネルは製品によって価格のバラつきも大きいです。
そして補助金を受け取ることによって、より安く太陽光発電投資に臨めるようになるのではないでしょうか。
太陽光発電投資を行いたいけれど、初期投資分がネックになって踏み出せない…というケースもあります。
ですがソーラーローンなども金融機関が用意しているので、それらの利用も検討したいです。
決して安い価格では太陽光発電投資はできませんが、売電できるというのは大きなメリットでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.