太陽光発電の固定買取制度とは?

太陽光発電の固定買取制度について

太陽光発電の固定買取制度について 太陽光発電システムを導入して発電をしようと考えている人が、絶対に把握しておくべきことの一つが、固定買取制度です。
これは名前の通りで、「固定価格で売電しますよ」というもので、経済産業省に属している資源エネルギー庁が定めています。
太陽光発電をした人に国が固定金額で買取るというわけではなくて、国はあくまでも固定買取基準の価格を発表しているだけです。
例えば太陽光発電も固定買取制度で適用されるのですが、この発電を始めるにあたってはある程度のリスクを背負って始めることになるでしょう。
ですからある一定期間は国が定めた価格で買取るように電気事業者に指令を出しているのです。
2016年度の調達価格は1kWhにつき、10kW未満であれば31円or33円or25円or27円となっています。
10kW以上であれば24円プラス税金分の価格が設定されています。
10kW未満の場合価格が4つに分かれていますが、これは細かな条件が定められていてどれに属すのかによって変わってきます。
このように固定買取制度が整っていますと、太陽光発電投資にも乗り出しやすくなります。

太陽光発電の固定買取制度はとても魅力的だ

太陽光発電の固定買取制度はとても魅力的だ 太陽光発電を行うにあたってのネックとなる売電価格の不安を払拭してくれるのは、本当に魅力でしょう。
この固定買取制度が存在していなかったとしたら、ここまで太陽光発電が流行ることもなかったはずです。
ただしこの制度はずっと適用されるわけではありません。
10kW未満であれば10年間、10kW以上であれば20年間となっていますが、一般家庭の太陽光発電においては10年もあれば十分でしょう。
通常投資にリスクはつきものですが、太陽光発電においては国が完全なバックアップをしてくれている現状があるので、不安要素も少ないです。
固定買取制度の価格は常に一定ではなくて、年ごとに変わるので要チェックです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.