太陽光発電の自然災害からの耐久性について

太陽光発電で気になるのが耐久性

太陽光発電で気になるのが耐久性 太陽光発電において必要不可欠でもあるソーラーパネルは、外に設置するものですので、何らかの自然災害が発生すると大きなダメージを受けることもあります。
想定される自然災害には様々なものがありますが、比較的多いのが雷ではないでしょうか。
実際にソーラーパネルに直接落雷が…というケースがほぼないでしょうが、近くに雷が落ちることは意外とあるかもしれません。
近くに雷が落ちたとしても問題がないケースが多いようです。
直接落ちなくても誘導電流がやってくるようですが、今の機器には遮雷器がついているので問題ないようです。
そして地域によっては雪がかなり降るところもありますが、設置段階雪が降ることはでわかりきっているので、雪対策を施した形でパネルなどの設置を行うので耐久性面での不安はないでしょう。
他には雹や霰も自然の脅威なのですが、これらに対しても故障するという可能性はかなり低いでしょう。

太陽光発電と自然災害について

太陽光発電投資はお得なことばかり? 様々な自然災害に対して強みを持っているのが太陽光発電のアピールポイントですが、日本であれば地震も想定しておかないといけません。
地震の揺れでパネルが壊れるということはまず考えられないでしょう。
そして台風に襲われることも多いのが日本の特徴ですが、普通の台風であれば全く問題がないといえるでしょう。
それ以外にも海の近くに住んでいる場合には塩害も脅威になるのですが、そういった場合には特殊な機器を用いますので耐久性の問題もありません。
このように太陽光発電の自然災害からの耐久性は想像以上に高いことがわかるでしょう。
仮に何らかの問題が生じた際には、メーカーが保証してくれるケースもありますので、このようなサポート体制が整っているメーカーを選ぶのも賢い方法でしょう。
太陽光発電に興味津々だけど災害時のことを考えると決心がつかないという人でも安心して設置することができそうです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.