太陽光投資に失敗しないために

太陽光投資には失敗も多い?!

太陽光投資には失敗も多い?! 太陽光発電による電気の買取りが開始したことで、太陽光発電を利用した様々な儲け話が飛び交うようになりました。
まさに「猫も杓子も」といった感じで太陽光投資の話題で持ち切りでしたが、太陽光投資で失敗した事例も少なくありません。
みなさんが太陽光投資で失敗しないために、いくつかの失敗事例を紹介していきましょう。

まずは「土地」に関する失敗です。
土地とはまさに地面ですから、太陽光発電の設備を設置する土台ですね。
では、この土地に不具合があった場合はどうなるでしょうか?
Aさんは約2,000万円の投資で太陽光発電システムを設置し順調に売電収入を得ていましたが、1年、2年と時間が経過するにつれて売電収入が右肩下がりに。
工事を担当した業者に確認してもらったところ、太陽光システムの土台が傾いており、発電効率が低下していたのです。
原因は地盤。
元々、地盤が弱い土地に太陽光システムを設置していたため、土台が徐々に傾いてしまっていたのでした。
Aさんは、別の業者に基礎の補強工事を依頼し、さらにパネルの角度調整で費用を支払うハメになってしまいました。

「業者」の失敗もあり得ます。
Bさんは全国規模で太陽光投資を展開する業者の営業マンに勧められて太陽光システムを設置。
ところが、1年も経たないうちに強風が吹くとパネルがグラグラと揺れるような状態になりました。
原因はパネルを固定しているボルトの腐食。
過酷な自然環境に適した材料を使用していない、ずさんな施工業者による設置が引き起こしたミスでした。

太陽光投資は信頼できる業者選びが大切!

太陽光投資は信頼できる業者選びが大切!
Aさんの失敗例は、地盤調査とそれに適した基礎工事ができていないことが原因、Bさんの失敗例は明らかに業者のミスです。
太陽光投資の失敗例は、ほかにも「設置前のシミュレーションと売電収入が明らかに異なる」「業者に勧められた土地に投資したところ、隣にマンションが建って影ができてしまった」など、業者のミスや悪徳業者によるワナも数多く潜んでいます。

弊社『ソーラーシティジャパン』が分譲するソーラーシステムは、地盤調査、周辺地の地目などの調査による現実的なシミュレーションをもとに、徹底した検査をクリアしたソーラーパネルと耐久性の優れた架台を使用して設置しています。
ぜひ弊社自慢の安心を手に、太陽光投資を成功させましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.