分譲型太陽光投資のメリット・デメリット

太陽光投資は利回りが良いの?

分譲型にもデメリットがある! 弊社『ソーラーシティジャパン』がオススメする分譲型の太陽光投資ですが、当然ながらデメリットがあります。
太陽光投資は、太陽光発電、つまり太陽からの光を電力に変えて売却することで利益が発生するシステムです。
台風、降雪、落雷などの厳しい自然災害による機器の異常のリスクはどうやっても避けることができません。
また、近隣に太陽光を遮る要因が生じるおそれもあります。
特に、マンションなどの高層物が建ってしまうと発電効率は著しく低下してしまいます。

デメリットとして挙げられるのは、実はこれくらいです。
これらのデメリットは分譲型でなくても覚悟しておかなくてはならないものですね。

メリットはたくさんある!分譲型太陽光投資

メリットはたくさんある!分譲型太陽光投資
デメリットは太陽光発電には当然のものばかりでしたが、分譲型ならではのメリットはたくさんあります。

まず「土地建物が不要」ということです。
通常であれば自宅や社屋の屋根、屋上に設置する太陽光発電システムですが、分譲型であれば設置場所は区画ごとの買取りであり、個人で土地建物を所有していなくても太陽光投資に参加することができるのです。

「スケールメリットがあること」も大きいですね。
分譲型では一つの広い土地に手間をかけずに太陽光発電システムを設置するので、一軒家の屋根に太陽光システムを設置する場合と比較すると大幅にコストが削減されます。
機器や架台などの設備もメーカー側が大量に同時発注することになればかなり安くなり、投資費用が抑えられます。

「管理体制が万全」というのも大きなメリット。
分譲型の場合、日ごろのメンテナンスやアフターフォローは販売・設置した業者や、業者から委託を受けた管理会社がおこないます。
専門知識を持った管理会社に任せたほうが、発電効率のわずかな低下などのトラブルにもすぐに感知できるので万が一の場合も安心です。

「節税対策」でも大きなメリットが生まれます。
期限が近づいていますが、2017年3月31日までは『生産性向上設備投資促進税制』の適用で、50%の特別償却または4%の税額控除が可能です。

紹介したとおり、分譲型太陽光投資は、少ないデメリットで大きなメリットが得られる優秀な投資です。
現在の税制優遇の期限も近づいているので、興味をお持ちの方はお早目に資料請求をどうぞ。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.