太陽光投資で50%特別償却を受けるためには

期限迫る!50%特別償却

期限迫る!50%特別償却 太陽光投資のメリットとして挙げられるのが「税制面の優遇」です。
これは『生産性向上設備投資促進税制』の利用によって、50%特別償却が可能であるためです。
50%の特別償却といってもピンと来ない方のために説明すると、太陽光発電システムの設置にかかった費用の50%が普通の減価償却費に加えて一括で費用計上できることを指します。
例えば、2,000万円の設備投資に対しては、減価償却によって毎年200万円程度の費用を計上することになりますが、これに加えて初年度に2,000万円×50%=1,000万円の費用計上が可能になるのです。
この50%特別償却によって、初年度は「より多く設備投資に費用がかかった」とみなすことができるので税金を抑えることが可能になります。

ただしこの50%特別償却は2017年3月31日までに設備を設置して売電を開始した場合にのみ適用されます。
その後の税制措置は発表されていないので、期限内に太陽光投資を始めるか否かで償却率が変わったり、もしくは優遇税制がなくなってしまうかも知れません。
太陽光投資をスタートするなら、まさに今!なのです。

50%特別償却を受ける条件とは?

太陽光投資の相談はソーラーシティジャパンへ!
50%特別償却を受けるにはいくつかの条件があります。

まず「国内設置」であること。
海外でのメガソーラー設置は対象外です。
次に「青色申告」であること。
法人、個人を問わず、対象業種にも制限はありませんが、青色申告事業者として確定申告をしている必要があります。
「設備金額」にも条件があります。
太陽光発電システムの設備費用が160万円以上のものに限られ、中古品は対象外となっています。
さらに「確認書の取得」も条件となっています。
経済産業局からの確認書を取得する必要があります。
また「投資利益率」が年平均5%、資本金1億円以上の法人の場合は15%を上回る見込みがある必要があります。
最後に「発電開始期限」です。
これは先ほど説明した2017年3月31日までに売電を開始するという期限のことです。

これらの諸条件を満たした場合にのみ、50%特別償却が適用されます。
弊社『ソーラーシティジャパン』では、お客さまが50%特別償却の要件を満たしているか、要件を満たすためのアドバイスもご相談をお受けしています。
まずは資料請求からお気軽にお問い合わせください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.