太陽光投資ファンドのしくみ

太陽光ファンドってなに?

太陽光ファンドってなに? 最近、投資家の間では太陽光ファンドが人気を集めています。
「太陽光ファンドってなに?」という方も少なくないと思いますので、カンタンに太陽光ファンドについて紹介しましょう。

太陽光ファンドとは、投資家からの出資を募り、太陽光発電システム、最近ではメガソーラーと呼ばれる大規模なものを建設して、そこから得られた収益を投資家に分配する投資商品のことです。
運営側にとっては、莫大な資金がかかる大規模な太陽光発電システムの建設を投資家から募ることができ、投資家にとっては少額の投資で大きな利回りを受けることができる、優秀な投資商品として人気を集めているのです。
太陽光ファンドの魅力は「高利回り」と「安定性」です。
太陽光ファンドの利回りは、運営会社や規模にもよりますが概ね8%前後。
外国債などでは20%を超える高利回りの商品もありますが、高利回りの商品には高いリスクがつきもの。
そこで登場するのが太陽光ファンドが人気を集めるもう一つの要素「安全性」です。
太陽光ファンドは、つまり太陽光発電による収益があがるのか否かに左右されます。
太陽光発電の強いところは、太陽光がある限り永久的に収益が発生することです。
台風や水害、豪雪などの自然災害によるリスクはありますが、運営側が存在する限り太陽光発電は安定的に収益が見込める優秀な投資商品です。
これらのメリットによって、太陽光ファンドが人気を集めているわけですね。

ファンドよりも分譲型が優れている理由

ファンドよりも分譲型が優れている理由
初期投資額が大きくなりますが、太陽光ファンドよりも利回りが良いのが分譲型太陽光投資です。
分譲型太陽光投資では、土地+太陽光発電システムを購入することになるので1,000万円台からの投資になる場合がほとんど。
数百万円程度で始められる太陽光ファンドよりも初期投資額は高くなりますが、利回りの平均は概ね10%前後。
太陽光ファンドと比べると数%は利回りが上がります。
また、発電した電力の買取金額は、案件次第ですがほとんどが20年固定。
発電された電気が飽和していることが公表された現在では、買取金額は下がる一方ですから、買取金額が20年間固定されていることで投資と回収できる収益のプランニングが容易になります。

弊社では、分譲型太陽光投資を全国に展開しております。
まずは資料請求から、お気軽にご相談ください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.