太陽光投資に向く屋根とは?

もっとも発電効率の良い条件とは?

太陽光投資は利回りが良いの? 最近では自宅の屋根や店舗の屋上などにソーラーパネルを設置している風景をよく目にしますね。
太陽光発電のソーラーパネルは、自分で購入して設置することは極まれだと思われるので、ほとんどの場合は専門業者が最も発電効率の良い方向と角度を計算して設置しているはずです。 ソーラーパネルが最も効率よく発電するのは「南向きの勾配30度」です。
特に「南向き」という要素は非常に重要で、真南の発電効率が100%とした場合、南東や南西では95%、東西では85%、真北は65%にまで低下してしまいます。
勾配の角度はベストが30度ですが、20度から40度までの間であれば大差なく発電ができるとされています。

太陽光投資をするためにベストな屋根とは?

太陽光投資の相談はソーラーシティジャパンへ!
説明したとおり、太陽光発電はソーラーパネルを南向き勾配30度で設置するのがベストということになるわけですが、土地の形状や家屋の向きによって真南に向けて設置できない場合もあります。
例えば建物の南側が垂直の壁面で北側に向かって勾配がかかっている直角三角形型の建物では、南側に屋根がないのでソーラーパネルを効率の良い方向に設置できません。
このような場合では、設置自体をあきらめたほうが無難かもしれません。

では、太陽光投資をするのにベストな屋根はどんな屋根でしょうか?
まずは南向きというのが絶対条件です。
太陽光投資は「家庭用の電力を少しでも補助できたらいい」というような考え方ではありません。
最も効率の良い発電方法で投資した費用を回収し、収益を得るのが目的ですから、発電効率の悪い設置方法しかできない屋根は太陽光投資には不向きです。
もう一つの条件は「面積」です。
屋根の面積が小さいと、それだけソーラーパネルを設置する場所が少なくなり、発電する電力も少なくなります。
機材への投資額は少額で済みますが、工事費用などの割合を考えると割高です。
つまりは「スケールメリットが著しく悪い」ということになります。

面積の小さい屋根に無理をしてソーラーパネルを設置することに比べると、太陽光発電システムを設置した分譲地を区画ごとに購入する「分譲型太陽光投資」がずっと利回りが良いでしょう。
今や、賢い太陽光投資は分譲型にスイッチしています。
ぜひ弊社『ソーラーシティジャパン』まで、お気軽にお問い合わせください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.