太陽光発電メーカーの選び方

太陽光投資のパネルメーカーの選び方について

太陽光投資のパネルメーカーの選び方について まだまだ太陽光投資には可能性があるので自宅で太陽光パネル設置をする人もいます。 そういった際に悩ましい部分は、「どのメーカーのパネルを設置するか」ということでしょう。 パネルメーカーの選び方によっては、自分の意図する太陽光投資ができない場合も考えられます。 メーカーごとの特徴などをしっかりと把握して、後悔のないパネル選びをしていきたいものです。 では、具体的にどんな基準でパネルメーカーを選ぶべきなのでしょうか? 結局のところメーカーを選ぶ際には、その他の点にも目を向ける必要が出てきます。 耐久性や色など様々な観点はありますが、とりわけ太陽光投資において着目すべきなのは「変換効率」と「kW単価」です。 変換効率とは、パネルの面積が発電する量のことです。 変換効率が高いと同じ大きさの面積でも多くの電気を発電することができます。 そのため、より多くの電気を発電したり、あるいは必要な電気量に応じて施工面積を少なくすることができるのです。 この条件を重視した際に浮かび上がるメーカーは、パナソニックやシャープでしょう。

太陽光発電の際に重要なメーカー選びについて

太陽光発電の際に重要なメーカー選びについて

メーカーを選ぶにおいて、もうひとつの重要な基準が「kW単価」です。 これは、実際に発電するkW数に対して、どのくらいのコストがかかるかを表した数字です。 大容量の発電設備を設置して、よりたくさんの電気を作り出すことができたとしても、そのために多額の費用を支払っていたのではいつまでたっても回収できません。 導入のために支払うべき総額を、発電量で割ることによって求められます。 導入の際には、なるべくこのkW単価が安いものを選ぶほうが良いでしょう。 この条件を重視した場合は、東芝やカナディアンソーラーが浮上します。 このように、太陽光投資を行うにあたり、二つの重要な基準があることが分かりました。 各メーカーごとにこれらの数字には違いがあります。 有名どころでは京セラや三菱電機、ソーラーフロンティアなどもおすすめです。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.