太陽光発電の補助金事例

太陽光投資でネックとなるコストの問題について

太陽光投資でネックとなるコストの問題について 太陽光発電が地球環境に寄与するということは常識化しています。 賢く運用することで、確実な収入につなげることも難しくはありません。 太陽光パネルの設置や、その他システム機器を設置する必要もあるため、思いの外コストがかかってしまいます。 住宅の屋根に設置するケースであったとしても、100万円や200万円以上かかってしまうこともあります。 それがメガソーラーになってしまうと、想像を絶する莫大なコスト負担になることでしょう。 しかし、今は太陽光発電を行う際に補助金を出すというケースがあります。 国が補助金を用意していることもありますが、地方自治体が独自に制度を設けているケースもあります。 例えば、神奈川県鎌倉市であれば上限4万円の補助金が支給されます。 こういった補助金制度は、さまざまな地域で用意されています。 ただし注意をしなくてはいけないのは、期限が定められていることが多いという点です。 今はこちらの制度は終了してしまったようですが、以前は「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策費補助金」という補助金制度も用意されていました。 これは規模の大きな太陽光投資を行う際に是非利用したい補助金制度でした。

太陽光投資のコストは補助金で補いたい

太陽光投資のコストは補助金で補いたい

大きな負担となってしまいがちな太陽光投資のコストですが、補助金を賢く活用することである程度負担を補うことが可能です。 現在は国からの補助金は充実していません。 しかし、自治体の中には家庭用の太陽光発電を導入することによって、数十万円支給されることもあります。 例えば、東京都葛飾区で5kWのシステムを導入した場合には、40万円補助金が支給されるようです。 同じ条件で東京都台東区であれば、20万円の補助金が支給されることになります。 こういった補助金関連のルールや金額はタイミングによって大きく変わるため、補助金制度を上手く利用して太陽光投資を開始しましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.