小規模な太陽光発電もある?

小規模な太陽光発電もおすすめ

小規模な太陽光発電もおすすめ 太陽光投資を企業が行う際には、メガソーラー発電など大規模な投資を行うこともあります。 しかし会社の空きスペースを活用する場合や、屋上にパネルを設置したりなど、小規模な発電を希望するところも多いです。 産業用の太陽光投資の場合は通常、50kW以上を想定していますが、50kW未満もおすすめです。 もし50kW以上の大きな規模の発電を行うのであれば、定められている資格を取得しなくてはいけません。 しかし、50kW未満であればそういったことは不要なのもメリットのひとつです。 そしてその場合は当然規模が小さいため、用意すべきシステム機器のコストは安くなります。 運営リスクも小さく済みます。 太陽光投資を大々的に行って、かなり大きな収益化を図ろうとしている場合以外は50kW未満の太陽光投資もおすすめです。 各企業が産業用の太陽光発電を行う際には、非常に大きなリスクが伴います。 しかし、小規模なものであれば気軽に始めることができます。

小規模だからこそ得られるメリットもある

小規模だからこそ得られるメリットもある

上記したようなリスクの低さは間違いなく、小規模だからこそ得られるメリットです。 他にも、小規模であれば会社が所有している空きスペースを有効活用することが可能です。 しかし、大規模の場合は太陽光投資のために新しく土地を購入しなくてはならないこともあります。 様々なリスクやコストパフォーマンスを考えた際、50kW未満の太陽光投資も悪いものでは決してありません。 小規模であれば一般的な住宅用の発電と同様の低圧で連系できる点も、大きなアドバンテージです。 将来的にメガソーラー発電など、大規模なものを想定している場合、その前実験として小規模発電を行うケースもあります。 このように50kW未満の小さな規模の太陽光投資にはさまざまなメリットがあります。 設置する太陽光パネルの数などで、規模を調整することができるのもこの発電方法の魅力です。 希望に叶う、最適な形で太陽光投資をすることができます。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.