太陽光投資をするためのシステムの設置基準について

太陽光投資に適しているかどうか判断するための設置基準について

太陽光投資に適しているかどうか判断するための設置基準について クリーンエネルギー作りの中で最も身近で簡単に始められるのが、太陽光発電ではないでしょうか。
一般住宅の屋根に太陽光パネルが多数設置されているケースも多くて、新興住宅街にある住宅の場合は特に顕著でしょう。
しかし、太陽光投資を行うと必ず儲かるというわけではありません。
当然他の投資に比べると低リスクですし、長い間売電による収入が得られるのは大きなアドバンテージになります。
しかし、設置基準について真剣に考えていないと、導入したはいいものの、結果的に思っているほどの発電ができずに後悔することになるでしょう。
重要視すべき設置基準は、日照環境が優れているかどうかです。
太陽光投資は、太陽の光がパネルに当たらないと意味がないので、日照強度はとても大事な要素になります。
そして日照時間も重視すべきで、基本的には日照時間に比例して発電量は増えていくものです。
多くの場合は、日照強度や日照時間を把握できていませんので、可能であればきちんと計測することをおすすめします。
これらの条件は毎日同じではないうえに、天候や季節にも大きく左右されてしまうので、そういった面も考慮すべきでしょう。

太陽光投資を検討する際に重要な設置基準

太陽光投資を検討する際に重要な設置基準

上記の設置基準の他にも、パネルの温度によって発電量は変わってきます。
パネルの温度が上がってしまうと、その分発電量は下がってしまうので要注意です。
このように、パネルの温度も関係してくるので、気温が高くなる夏が必ずしも発電環境的に優れているとは言い切れません。
パネルの温度(モジュール温度)がかかわっているのですが、これも考慮すべき設置基準に加えられるべきでしょう。
そして、設置しようとしている場所の近くに、大きな建物や木々などがないかどうかも設置基準となり得ます。
これら(設置基準は他にもアリ)をきちんと考えていないと、太陽光投資が無駄になってしまうでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.