固定買取期間が終了した後の太陽光投資はどうなる?

固定買取期間終了後の太陽光投資について

固定買取期間終了後の太陽光投資について 太陽光投資がここまでメジャーな存在になった理由は様々考えられますが、固定価格買取制度があったから導入したという家庭がとても多くなっています。
固定価格買取制度は、10年or20年(10kW未満は10年、10kW以上は20年)の間、売電価格の変動がないというものです。
この恩恵を受ける形で、発電した電気を比較的高い価格で売却することができ、結果的にイニシャルコスト分の元を早く取ることができたわけです。
これほどまでに太陽光投資が注目されたのは、一定期間価格変動がないという点ですが、もしこの制度がなかった場合、今のように安心して気軽に導入することは難しかったでしょう。
しかし、固定買取期間は10年or20年ですから、それが終了した後の成り行きが気になります。
当然、今現在のように魅力的な買取金額を期待することは非常に難しいでしょう。
ですが例えば一般家庭用の10kW以下の場合だと、10年程度である程度イニシャルコストの回収ができているはずです。
こうしたことからも、固定買取期間の終了が莫大なデメリットになるとは考えにくいでしょう。

固定買取期間終了後の買取価格について

固定買取期間終了後の買取価格について

太陽光投資を行っているのであれば、ある程度の高値を維持したいと思うはずです。
しかし、固定価格買取制度は期間が定められているので、いずれ下落してしまうでしょう。
今は、売電価格のほうが買電価格よりも高い例もありますが、期間が終了すると買電価格のほうが高くなり、売電価格のほうが安くなるのは目に見えています。
このようになると、太陽光投資をしているのであれば売電ばかりするのではなく、自宅である程度使用する方が得策ということです。
中長期的に見ると、太陽光投資は魅力がないのでは?と思うかもしれません。
しかし、固定買取期間が終了しても自宅で安く電気を作り続けることが可能なので家計にはプラスとなります。
電力自由化などの影響で、売電価格の下落が想像より少なく済む可能性もあるので注目しておくといいでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.