太陽光投資の三つの形態

太陽光投資の形態について学習する

太陽光投資の形態について学習する 何かと話題になっている投資のひとつに、太陽光投資があります。
一般的な株式投資やFX、不動産投資などに比べて、利回り面でのメリットや安定性があるといわれており、人気です。
一般家庭でも積極的に導入されている様子がうかがえますが、投資ということは少しでも儲けることを目的に行っているので、しっかりと太陽光投資の形態(種類)について知っておかなくてはいけません。
まずは、最も多くの人が想像するパターンでもある、自宅の屋根を利用して太陽光発電を行うというものです。
もともと土地、建物があるわけですから、必要になるのはパネル、システムの費用と設置費用になり、比較的気楽に始められます。
自宅でも発電した電気を使うことができますし、もちろん売電をして収入を得ることも可能です。
そのため、非常におすすめで、数多くの家庭が太陽光発電を取り入れています。
住宅用であれば、イニシャルコストが100万円~となっているので、それほど負担はありません。
そのうえ、売電収入によって家計が助かるというメリットも享受できるでしょう。

太陽光投資は形態によって大きく内容が異なる

太陽光投資は形態によって大きく内容が異なる

上記したように、一般家庭用の形態も人気ですが、本格的に事業用として行っているケースもあります。
所謂産業用太陽光発電というもので、企業がもともと所有している土地を活用して太陽光投資を行うというものです。
特に利用されていなかった土地であれば有効活用ができますし、売電収入も得られるので良いことだらけでしょう。
そして、それ以外の形態には、新しく土地を購入して太陽光投資を行うというものもあります。
かなり本気度が高い投資方法で、メガソーラーを目指すケースも少なくありません。
産業用の太陽光発電であればイニシャルコスト、ラニングコストが高くつきがちで、この場合は土地代もかかります。
デメリットばかりに思えますが、こういった形態を用いて参入する企業も多いようです。
参入件数が多いということは、このような太陽光投資の形態でも十分儲かる余地があるということでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.