太陽光投資ビジネスにおける生産性向上設備投資促進税制とは?

太陽光投資には欠かせない生産性向上設備投資促進税制について

太陽光投資には欠かせない生産性向上設備投資促進税制について 太陽光投資ビジネス開始しようと思った場合、様々なハードルを感じることになります。
当然利点も多数存在していますが、投資なのでリスクがあるのも当たり前です。
そんな中、太陽光投資がこれほどまでに注目されているのは、優遇措置が用意されているからに他ならないでしょう。
期間限定のものですが、生産性向上設備投資促進税制というものが設けられており、これを活用して恩恵を受けた人も数多いようです。
この税制は、レベルの高い設備を導入することによって、適用される税制上の措置となっています。
その内容は、50%の特別償却or4%までの税制控除となっており、非常に魅力的な内容です。
実際に利用する企業も多数あったようですが、生産性向上設備投資促進税制は平成29年の3月末日時点で、取得などを行っておく必要があります。
そのうえ、事業を行うために必ず活用しなくてはいけません。
こういった税制優遇措置というのは、ルールが設けられているので、間違いがないように、あらかじめしっかりと確認をしておかなくてはいけないものです。
太陽光投資の補助金や税制優遇措置を適用させることによって、非常に大きな恩恵をあずかることができます。

太陽光投資ビジネスと生産性向上設備投資促進税制について

太陽光投資ビジネスと生産性向上設備投資促進税制について

この税制は、質の高い設備投資をすることによって適用されますが、中古の場合には対象外となるので要注意でしょう。
一般的には、購入のみが対象となるように思われていますが、ファイナンスリース取引を行っている場合にも、生産性向上設備投資促進税制の対象です。
しかし、所有権移転外リース取引と場合は、税制の控除だけが適用可能となるでしょう。
それは、A類型とB類型の2種類に分けられていますが、B類型に関しては事前の申請をすることになります。
生産性向上設備投資促進税制は、平成29年3月末日が期限となっているので、十分に注意するようにしてください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.