太陽光投資の連系工事負担金とは?

太陽光投資の連系工事負担金について

太陽光投資の連系工事負担金について

太陽光投資を行う目的は、発電した電力を電力会社に売却をする「売電」でしょう。
極論すると、売電ができなければ自宅で太陽光発電をする意味がないといっても過言ではありません。
今は多くの家庭の住宅の屋根に太陽光パネルが設置されていますが、実はパネル等のシステムがあるだけでは電気を売ることはできないのです。
売却する際には、系統連系をする必要があり、これをするためには連系工事を行わなくてはいけません。
この工事は、通常では太陽光発電システムを導入、設置する際に行われます。
しかし、連系工事負担金がかかることもあるので、注意が必要です。
「売電するためだから電力会社が負担するのでは?」と考える人もいますが、必ずしもそうではなく、売電をする側が負担することもあります。
太陽光投資をはじめる際に、イニシャルコストの計算をしますが、中には連系工事負担金が計算されていない例があるので要チェックです。
住宅に設置するシステムの場合は、負担しなくて良いケースもありますが、存在は知っておき、できれば確認もしておくといいでしょう。

太陽光投資の際にかかる連系工事負担金の金額について

太陽光投資の際にかかる連系工事負担金の金額について 金銭的余裕がない場合は、連系工事負担金が大きな痛手になるかもしれません。
しかし、売電をするためには、支払わなくてはいけないこともあります。
電気を売ることで、ある程度の収益が期待できるので、連系工事負担金の支払いは致し方ないといえそうです。
この金額はケースバイケースで、無料のこともあれば、数千円や数万円のこともあるでしょう。
産業用であれば、もっと高額になりますが、自宅用ですと無料~数万円の幅に抑えることができます。
もし、太陽光投資をする際に、連系工事負担金が必要だとしても、安定した投資収益を受けるために不可欠だと考えたいです。
太陽光投資には、思いもよらないコストが掛かることもあるので、詳細を知っている業者などに尋ねてみることも重要でしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.