太陽光投資が相続税対策になる?!

太陽光投資で相続税対策を

太陽光投資で相続税対策を ある程度の資産がある場合、亡くなってしまい相続人に遺産が譲渡されることになると相続税が発生することがあります。
相続税は、数ある税金の中でも特に負担率が高いことで有名なので、何とかして節税をしたい…と考えている人も少なくはありません。
不動産投資を行ったり生前贈与をしたり、様々な方法で相続税対策をしている人がいますが、太陽光投資も実は有効な方法だとされています。
もし、自宅に太陽光発電システムを導入・設置した場合、結果的にその不動産の財産価値は下がることになるでしょう。
不動産を所有している場合は、評価額をもとに相続税金額を決めることになります。
そのため、太陽光発電によって評価価値を下げておくと、支払うべき相続税が減るというわけです。
これは、問題のある節税方法ではなくて、定められているルールに則ったものですから安心でしょう。
太陽光発電のシステムというのは、減価償却をした後の残存価格相当額が反映されることになります。
相続税の支払いで相続人が苦労することは意外と多いので、できれば被相続人となる人が生前に何らかの対策をしておくといいでしょう。

相続税対策として太陽光投資を行う

相続税対策として太陽光投資を行う 太陽光投資が相続税対策になり得ることは上記した通りですが、例えばソーラーローンを利用して太陽光発電システムを導入している場合も、節税対策になる可能性があります。
返済し終わった後で被相続人が亡くなっていると、相続税対策にはなりませんが、完済する前に亡くなり、相続をすることになった場合は、債務控除が可能です。
もちろん、相続税対策ができるだけではなくて、売電できるという部分が大きな強みなので、太陽光投資はとても人気があります。
例えば、被相続人が亡くなって相続人に不動産が渡る場合、太陽光発電システムが備わっていると、毎月収入を得続けることができるので、かなり喜ばれることでしょう。
節税の他にもメリットがある太陽光投資は、素晴らしい投資といえます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.