小規模太陽光投資「プチソーラー」システムの問題点

プチソーラーという太陽光投資について

プチソーラーという太陽光投資について 太陽光発電ブームが到来していますが、大半は家庭用の10kW未満のものですが、産業用太陽光発電も様々なところで見かけるようになりました。
10kW以上のものを産業用太陽光発電といいますが、メガソーラーのような大きな敷地を用いて非常に大規模に発電を行うケースもあれば、敷地内の空いているスペースを活用し、それほど大きくない規模で臨むこともあります。
メガソーラーの反対語としてプチソーラーというものがありますが、これは10kW以上50kW未満のものを指し、最近はこれくらいの規模のものも多いようです。
この場合も、もちろん全量買取が適用されますし、それほど多くのコストがかからないといった理由もあり、注目を集めています。
このほかにも、圧倒的な広さを誇る土地に相当な発電量が期待できる太陽光発電システムを導入し、それを分割して投資家に販売するという方法も行われているのです。
投資家といっても、投資経験がない素人の人たちに販売されることが多く、契約時や契約後に様々なトラブルが発生していて、問題点が浮き彫りになってきています。
この手法が悪いわけではなくて、分譲業者側に問題があるケースが多く、太陽光投資経験がないにもかかわらず参入している業者のせいで、投資家が被害を受けていることもあるのです。
自分の土地に、太陽光パネルを設置して太陽光投資を行うのであれば、パネルのメーカーや工事業者など様々な部分を自分で確認できますが、プチソーラーへの投資を呼び掛けている業者の言いなりになると、認識の違いなどから問題が発生します。

プチソーラーは敷居の低い太陽光投資?

プチソーラーは敷居の低い太陽光投資? プチソーラーは、上記したような問題点がありますが、自分自身で土地を持っていない人が気軽に分譲型太陽光投資に参加できるという面は魅力です。
業者選びを問題なく行えば、メリットを享受することができますが、太陽光発電に詳しくない人にとってそれは難しいことでしょう。
そして高圧連系でないからこそ起こる問題も多々あり、金額面など常に詳細を確認しておかなくてはいけません。
敷居は低いのですが、問題点もあるというのがプチソーラーです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.