オール電化と太陽光投資について

太陽光投資で太陽光発電を導入するのといっしょにオール電化も導入

太陽光投資で太陽光発電を導入するのといっしょにオール電化も導入 太陽光投資をする人の多くがオール電化を選択しています。
オール電化にすれば、光熱をすべて電気で行うので、今までガスを使っていた場合のガス代がゼロになります。
今までオール電化でないときにはガス代などが光熱費にプラスされて請求が来ていました。お風呂を沸かす時や給湯器の利用時にはガスを利用していた人が多かったのではないでしょうか。
電気だけを使うオール電化になってからはガスの給湯器の利用が無くなり電気利用の給湯器を使うことになります。
その結果、光熱費が電気代と水道代だけになります。
ガスで利用する給湯器の利用が無くなればガス代を支払う必要がなくなり、電気代の支払いだけになるので、光熱費自体が安くなる可能性が高いのです。
オール電化にする場合には電気給湯器かエコキュートを利用することになります。
電気給湯器やエコキュートにはメリットやデメリットがありますので、どちらを設置したらよいかしっかりと比較検討しましょう。
安いコストで導入したいのであれば電気給湯器がおすすめです。
ただし電気料金をとことん安く済ませたいのであればエコキュートがおすすめです。

時間帯別電灯でお得に

設置業者選び方のおすすめポイント 太陽光投資によってオール電化にすると時間帯別電灯契約を電力会社と結ぶことが出来るようになります。
この時間帯別電灯とは、電気を使う時間帯によって電気代の単価が変わる契約です。
特に昼間に比べて夜の方が電力使用代金が安くなっています。
電気を利用するときに時間帯別電灯を頭に入れておけば、お得な使い方をすることでさらに光熱費のコストを下げることが出来るでしょう。
時間帯別電灯を把握していけば太陽光投資によって発電により利益を得ながら、低い電気代の時に使用することで毎月の電気代を大幅に下げることが出来るようになるのです。
昼間に電気を使用せずに十分に発電させ、夜は深夜料金の時間帯に電気を使用すれば、太陽光投資によって、売電で光熱費を賄うことが出来ることも考えられるのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.