太陽光発電におけるダブル発電について

ダブル発電とは

ダブル発電とは ダブル発電という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ダブル発電とは10kW未満の太陽光発電と家庭用燃料電池やガスエンジン発電などの両方を設置することです。
太陽光投資をするために太陽光発電だけを設置した場合、天候の不良によっては発電レベルがかなり低下してしまいます。
もしも長期間にわたって天候不良が続けば発電が低くなるので売電できなくなってしまい、太陽光投資どころではなくなってしまいます。
ここで注目したいのがダブル発電です。
ダブル発電をする場合、太陽光発電のほかにエネファームやエコウィルなどの太陽光以外の発電システムを利用することになるので、天候に関係なく発電量を得ることが出来ます。
したがって、太陽光投資がうまくいかないときであっても発電量を確保することが出来るのです。

ダブル発電の場合には電力の買取価格が安い理由とは

ダブル発電の場合には電力の買取価格が安い理由とは ただし気を付けたいのがダブル発電を利用する場合、発電量が全体的に増えても売電の価格は下がってしまうのです。
売電の価格が下がってしまう理由とは何でしょうか。
太陽光投資で得た発電は電力会社の買い取り対象となっていますが、太陽光以外で発電をして得た電力は電力会社の買い取り対象外となっています。
しかし発電したものをこれは太陽光投資で得たもの、これはガスで得たものなどと区別することは難しいです。
そのため、ダブル発電をしているところに対してはあらかじめ売電の際に買取額を低くしているのです。
ダブル発電を導入することで買い取り金額が1kWあたり6~8円も引き下げられます。
ただしダブル発電にすると太陽光投資によって得られた発電の使用を控えてほかの方法によって得られた発電を利用することで、全体的な売電量はあがります。
電力会社に売電できる量が多くなるので、太陽光投資で得られる利益も多くなる可能性があるのです。
今は買取金額が少し下げられていますが、今後はどうなるかは未定で、買取金額が変更される可能性も十分にあるのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.