太陽光発電に必要なパワーコンディショナーとは?

パワーコンディショナーの機能とは

パワーコンディショナーの機能とは パワーコンディショナーとは何を意味するのでしょうか?
パワーコンディショナーとはパワコンとも呼ばれるものですが、太陽光投資の太陽光パネルで発電した電力を家庭で利用できる電力に変換する機能を持ったものです。
日本で家庭に供給される電力とは通常100Vの交流電圧ですが、太陽光投資の太陽光発電によって得られたものは直流の電力となっているのです。
このままでは利用できないのでパワーコンディショナーが変換をすることで家庭で使える電力となるのです。

設置業者選び方のおすすめポイント

設置業者選び方のおすすめポイント パワーコンディショナーの特徴は、その機器によって特徴が大きく異なります。
太陽光投資における電力の変換効率が高い特徴があるほど、効率よく電力を使うことが出来るのです。
太陽光投資によって得られた電力を少しでも多く得たいのであれば、導入する前にしっかりと機能や特徴を検討してからにしましょう。
変換時にはどうしても電力のロスが生じます。
大体94%の変換効率がありますが、機能が低いものであればもっと変換効率が悪くなってしまいます。
更に機能が高いメーカーのものであれば97%という変換効率となっているのです。
気を付けたいのは変換時にロスとなっているものは最終的に熱となります。
設置場所によっては熱がこもって外に逃げ出すことが出来ない場合、周囲の温度が異常に上昇してしまうことになるので、くれぐれも太陽光投資で設置するときには十分に周囲の状況を見極めてから行うことが大切なのです。
また発電をしていないときには音はしませんが、発電をしているときにはある程度音がします。
かなり静かな音なのであまり気にならないでしょうが、設置場所によっては音がこもり、気になるような音の大きさになる場合もあります。
設置場所は本当に適切な場所であるかどうかがカギになってきます。
設置場所が間違っているといろいろな場所に不具合が生じる危険性があるのです。
きちんとした場所に設置してもらうためにも実績ある業者に依頼することが大切になってきます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.