片流れ屋根の場合の太陽電池モジュール

片流れ屋根とは

片流れ屋根とは 片流れ屋根とは最近多い屋根の形ですが、一方角へと傾斜しているシンプルな形の屋根です。
太陽電池モジュールの設置を多くすることが出来るので、片流れ屋根のメリットは南側の方角だった場合、発電力が大きいので太陽光投資に向いています。
ただし、北側向きの方角の場合には発電が難しいのでメリットが小さく太陽光投資には向きません。
家を建てるときに日当たりのことを考慮して、南側にベランダをとるケースが多いのですがその場合、片流れ屋根は北側を向いてしまう場合が多いので、太陽光投資を行ってもメリットを得られにくくなってしまいます。
片流れで北側を向いている方角の屋根では、太陽光投資をしたいと思っても現実的に難しい場合が多いのです。

太陽電池モジュールがメリットを発揮する方角

太陽電池モジュールがメリットを発揮する方角 実績が高い設置業者を選ぶのはもちろんのこと、見積もりをきちんとしてくれるかどうかも見極めましょう。
太陽光投資をする場合、少しでも発電が出来なければ意味がないので、現地に赴いて確認をしなければ正しいおすすめの提案をすることは出来ません。
どのようなパネルをどのような向きで設置をするかを設計図面や見積もりにしておすすめを提案してくれる実績ある設置業者であれば信用することが出来るでしょう。
一度太陽光発電を設置すればその後20年以上は長く付き合っていくことになります。
こちらの疑問に感じたことや不安に感じたこと、太陽光投資についての要望など、細かいことに丁寧に対応してくれるかどうかも見極めましょう。
設置業者の選び方を間違ってしまうと、太陽光投資で利益を得たいと思っても考えていたほど利益を得られなくなってしまいます。
間違った選び方をしないためにも一つの設置業者だけから見積もりを取るのではなく、複数の業者から見積もりを取っておすすめの業者を比較して検討しましょう。
自分の居住地域のエリアに対応することが出来、実績があり信頼して任せることが出来るおすすめ業者選びをすれば安心して太陽光投資が出来ます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.