太陽光発電に必要な接続箱とは?

太陽光投資に必要な接続箱の役割とは

太陽光投資に必要な接続箱の役割とは 太陽光投資に必要なものというと太陽光パネルが必要だと思う人が多くを占めるでしょうが、それだけでは発電をしていくことは出来ません。
太陽光投資をする場合には、太陽光パネル以外にも色々な役割をもつ機材が必要になってきます。
その一つが接続箱です。接続ユニットとも呼ばれることがあります。
それはどのような役割のものなのでしょうか。
太陽光投資を行うときには太陽光発電モジュールを設置しますが、そこから複数の配線が伸びています。
複数の配線をまとめて発電した電気をパワーコンディショナに送り込む機能をするのが、接続箱の役割です。
接続箱は屋外に設置するものです。
通常、ソーラー・パネルとパワーコンディショナーの間に接続されています。
屋外に設置するものなので、落雷に合って故障しないように避雷素子が組み込まれていますし、電気が逆流しないようにするための機能も設置されています。
さらに中にはパワーコンディショナーと一体型になった機能の接続箱もあります。

接続箱の種類はさまざま

接続箱の種類はさまざま 太陽光投資をする場合、接続箱も必要になりますが、種類や機能はいろいろなものがあります。
通常屋外に設置するものが多いのですが、屋内用のものもあります。
ただし屋内に設置する場合には、太陽光投資によって設置している太陽光発電モジュールから多くの配線が出ているので、その配線を壁に穴をあけて通さなければなりません。
壁に穴を空けたくないと思うのであればやはり屋外への設置機能を持ったものを選択したほうがいいでしょう。
機能が高いものになるとやはり価格も高くなっています。
太陽光投資を行って太陽光発電で発電力を高めていきたいと思うのであれば、接続箱の機能も重要視した方がいいです。
費用の高さに目をつむれば、やはり機能が高いものは、回線をスマートにする役割があるので発電したエネルギーロスを少なくすることが出来るのです。
接続箱も自分では設置することが出来ないので信頼できる業者に依頼しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.