余剰電力買取制度

お得な余剰電力買取制度とは

お得な余剰電力買取制度とは 余剰電力買取制度というお得な制度があります。
太陽光投資を行うと、自宅で太陽光発電のシステムを使って発電をすることが出来ます。
太陽光投資は日中の天候が良い時はフル稼働しますから、自宅で使用する以上に発電をすることが出来る場合もあります。
この場合、使用分以上に発電があると電力が余ってしまいます。
太陽光投資によって余った電力を電力会社に売ることができる制度を余剰電力制度と言います。
日中の天候が良い時には発電が多くなりますが、逆に太陽光が出ていない夜などは発電がほとんどありません。
この場合には、電力が不足してしまうので電力会社から不足している電力を買うことになります。

余剰電力買取制度は日中使わなければお得

余剰電力買取制度は日中使わなければお得 太陽光は昼間に降り注がれるので、太陽光投資を行う場合、昼間に発電量が多くなります。
昼間に自宅に誰もいなければ電力のコスト消費がないので、発電をした分だけ売電をすることが出来ますから光熱費のコスト削減に大いに役立つでしょう。
もちろん家に誰かいて電力を使っていたとしても、発電をしているので、その分を自宅で消費すればいいので売電が少なくなるだけで光熱費のコスト削減につながります。
太陽光投資で余剰電力買取制度を行う場合一番気になるのがどのくらいコストがお得になるのか、どのくらいで元を取ることが出来るのかという点でしょう。
国や市町村からの補助のありますし、居住地域によって補助の額が違うので一概にいくら特になっていつ元が取れるとは言いにくいのですが、余剰電力買取制度のよる売電の価格は10年は固定となっています。
また、たいてい10年あれば元は取れる計算になっています。
ちなみに平成28年度の売電価格は住宅用が31~~33円/1kWhです。
天候によって発電量は左右されてしまいますが、普段の生活で節電などに気を付けていれば、さらに売電を増やすことが出来るのでお得感を感じることが出来るでしょう。
日々の生活で節電に気を付けていくことで売電収入アップにつながるので、努力次第でコスト回収の時期が変わってきます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.